研ぎ澄ます

研ぎ澄まされた刀の刃のように
凛とした美しさを感じるものを描きたかった。

自分の中にある刀は
人を傷つけるものではなく
自分自身を律するためのもの。

悪き思いを祓い
良きものになるように研鑽し

自分自身の能力を磨き
人のために役立てる
そんな自分のなるための象徴のようなもの。

人間だから、完全なる善、完全なる悪
というように簡単に振り分けることはできない。

最善を心がけても
弱さや妬む心、怒りという想いを
持つこともある。

ときには過ちを犯すこともある。

だけど、気づいた時点で
やり直すことができる。

己の中にある刀に
今の自分自身を映し出し

そこから曇りを取り除くように
己自身を磨いていく。

A4サイズ

ゲルインクペン

関連記事

  1. 龍と月

  2. 白虎(点描画)

  3. Grounding

  4. 龍(大富豪龍)

  5. 光満つ

  6. 龍と鳳凰(パステル青緑龍・A4サイズ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA