プロフィール

>

晃世(akiyo)プロフィール

淡路島の宇宙ヒーリングアーティスト。

曼荼羅をはじめ、鳳凰などの神獣神聖幾何学模様など

様々なタイプの絵を、現在はハガキサイズを中心

描きたくなる線が浮かぶまま、ただ無心に描いています。

チャネラーでもある私が、お客様のご希望するテーマを伺い、描いていると

そのテーマの中にあるまた別のものがメッセージとしてやってくることがあります。

それは、お客様の本質であったり望む未来であったり、その時によって様々。

人がそれぞれ全く同じ人がいないのと同じように、曼荼羅アートはひとつとして同じものはありません。

曼荼羅は、本来であれば上下左右どの方向から見ても同じ形であり、ちゃんと定義があるので

正確には私の絵は曼荼羅ではありません。

しかし、わかりやすいようにメインの絵たちを曼荼羅アートと呼んでいます。

マンダラとは、「Manda」は「円」を表す言葉。

「円」には完全、円満などの意味があり

「理想的な精神状態の象徴」として使われます。

そして曼荼羅は宇宙であり、果てしない広がりを持つもの。

そして、瞑想のための道具として発展したもの。

私の描いた絵を部屋に飾った人たちからは

「絵を見ていると不思議な気持ちになる」

「穏やかな気持ちになる」

「エネルギーを感じる」

なとど言った感想をいただきます。

描いた絵はすべて、

天照大神、月読の尊、素戔嗚をはじめとする神々の父であり

国生み神話の中心人物であるイザナギ様が祀られている

淡路島の一宮の伊弉諾神宮へ持っていき、本殿にある紙垂で祓ってからお送りしています。

不思議と、伊弉諾神宮に絵を持って行ったときは,何かしら祝詞があげられていて

毎回ありがたいお神楽も一緒に聞かせていただいています。

心を落ち着かせたい、

これから発展するイメージを持ちたい

運気を上げたい

そんな思いを持つ方々のために

線の一つ一つに祈りを込めて描いています。

不思議なパワーを感じる、見えない世界に繋がって描いている絵。

ふと、今の自分の状態を見つめなおし

本当の自分は何を求めているのか、どうありたいのか

そんな風に思ったときに手に取ってもらいたい。

あなたのための一枚を描くことを楽しみにしています。

インスタグラムで、描いている途中の絵を投稿しています。

よろしければご覧ください。 → instagram

click!  shopへ

作品の写真と実物の色合いは、撮影環境により若干異なる場合があります。
当HPの全ての作品、また作品画像は、作者 晃世 が著作権を保有しています。
著作物の無断使用、営利目的での使用、二次配布、改造は固く禁じております。