メッセンジャー

鹿は神様の使い。

雷神である武甕槌命(たけみかづちのみこと)が
常陸(現・茨城県)の鹿島から
白鹿に乗って奈良の御蓋山(みかさやま)に
降り立ったという伝説から
鹿は神の使いとされています。

武甕槌命は春日明神の
四柱のなかの一柱。

だから春日明神の使いとされて
奈良公園で大切にされているんですね。

鹿の角は神からのメッセージを
受け取るためのアンテナだとも言われます。

いろんな形で
神々が伝えようとするメッセージ。

うっかり聞き逃さないように
きちんと受け取るように

この鹿のように背筋を伸ばし
耳をピンと立て
耳を澄ます。

いつも神々は私たちを見守り
必要な時はいろんな形で
メッセージを伝えてくれます。

それをうっかりと逃さないように
気をつけたいですね。

ゲルインクボールペン
195×120cm

関連記事

  1. 叡智

  2. 光芒

  3. ゴールドのパステルを使用した龍と麒麟

  4. 上昇(宇宙を泳ぐ龍)

  5. 優しい光に照らされて(SMサイズ)

  6. 点描白龍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA