ヴェシカパイシス(装飾アート)はがきサイズ

ヴェシカパイシス

魚の浮袋という意味です。

ヴェシカパイシスは半径が同じ二つの円が

それぞれもう一方の円の中心を通って交差している

その真ん中にできた形。

 

宇宙の子宮とも呼ばれています。

この図形は、創造主が「光あれ」と言った時に現れた形とされています。

 

神が世界を創造した時に最初に創り出した、光が生まれた瞬間の形です。

 

細胞のはじめの分裂の形であり、生きとし生けるもののあらゆる要素が内包されています。

無から有を生み出す神聖なゲート。

 

二つのエネルギーが互いを受け入れ互いのエネルギーを保ちながら新しいエネルギーを創造する。

 

創造のエネルギーをもつこの図形は光の神聖幾何学と呼ばれ、

ほとんどの神聖幾何学がこの形から始まっています。

 

第3の目の象徴でもあります。

 

関連記事

  1. 花開く世界

  2. 情熱の花

  3. 龍体文字フトマニ図と龍

  4. ヴェシカパイシス(はがきサイズ)

  5. 広がる世界

  6. 導き01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA