金龍と陰陽図

後醍醐天皇を考えながら描きはじめた絵。

 

筆ペンで描き、モノクロの状態を眺めてから

金色の筆ペンで色を加え

まわりに水彩、パステルで色をつけました。

 

力強く、下手すれば負けてしまいそうなほど強いエネルギー。

それはとても厳しく、覚悟を問い、逃げを許さないような力。

 

あまりに厳しすぎるので

そこへ桜、水を加えました。

 

当初からかなりエネルギーが変わりました。

 

それでも、持ち主を選ぶ龍。

これから覚悟を決めて前に進む人へ。

宇宙のエネルギーとともに前に進む後押しをします。

 

 

A4サイズ

筆ペン、金色筆ペン、水彩、パステル

 

関連記事

  1. ヴェシカパイシス(はがきサイズ)②

  2. 生命

  3. 金龍(朱金)

  4. 愛に満ちた世界

  5. ホイルフレークで描いた龍と鳳凰

  6. 花の精02

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA