花と龍と剣

そもそもは
熱田神宮に行った時に

言葉に表すには難しい
力強いエネルギーを感じ
龍と剣を描きたくなった。

ところが私のところに降りてきたのは
ピンクとゴールドの色を基調とした
龍と剣のイメージ。

そしてなぜか薔薇。

描きながら
この剣は
自分自身を磨くための剣であり
中心を真っ直ぐに貫く芯のようなもの。

そして魔を祓うほどの
力強い剣ではあるけど
力で人を傷つけたり押さえつけたり
そういった剣ではない。

だから剣先は花で覆われている。

人を傷つけるような邪悪な力よりも
人を包み込むような愛の力の方が強い。

優しく柔らかいと同時に
透き通るような輝く光は
邪なものを寄せ付けない強さがある。

A4サイズ

ゲルインクペン

関連記事

  1. 天河

  2. 虹龍と女神

  3. 白龍と女神

  4. 龍体文字マンダラ

  5. 龍と富士山

  6. 宝石(曼陀羅)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA