新たなる世界へ

流星のように流れる光を
龍とともに飛ばすようなイメージで
描き出した絵。

でも、なんか違うと
しばらく手が止まっていた。

絵を眺めていると
龍の頭付近に太陽と
そこから溢れ出る光のイメージが
浮かんできた。

最初のイメージとは
違ってきたけど
光を飛ばすのか
光が降ってくるのか

結局は大地にいるものに
光が降り注ぐというイメージは同じ。

そう思いながら絵を描いていると
頭上にある円は
太陽ではなく

新たな場所へつながる
扉のように見えてきた

光溢れる新たな世界
すでに扉は開いた。

そこには尽きることのない
愛という名の光で満ちている。

水性ゲルインクペン
パステル

A4サイズ

関連記事

  1. 見据える

  2. 導き01

  3. REBORN

  4. 2023.6.30

  5. 金龍

  6. 名刺サイズの金龍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA