浮上

最初は足元に水の泡を
描く予定ではなかった。

でもなぜか
ここに泡をと思い
描いていった。

そして眺めていると
ふっと体が軽くなる感覚。
下から押し上げられる。

ああ、そうか。

自分の力で上昇するのもいいけど
その時にやってきた流れ
人からの助けや助言
自分の力ではない周りの力が
やってきたら

それを素直に
そして感謝の心で受け取ること。

そうすることで
自分の力だけで上昇するよりも
はるかに早く
そして軽やかに昇っていける。

そうだよね。
必死にひとりで頑張る必要はない。

龍たちも
ときに上昇するエネルギーを
私たちに送ってくれる。

水性ゲルインクペン

F4サイズ(333×242mm)

関連記事

  1. 鳳凰(点描画)

  2. Highline

  3. ホイルフレークで描いた龍と鳳凰

  4. 内なる光

  5. 龍と鳳凰(パステル赤・A4サイズ)

  6. アウワと2体の昇龍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA