龍と富士

たくさんの神様や龍と仲良しだという
ある男の子の見る龍の姿は
従来のイメージの龍とはちょっと違う。

ツノに見えるのはタテガミで
背びれは無く
ヒゲは鯉のヒゲより少し長いくらい。

その姿を伝えても
その姿の龍を描いてくれる人がいない
ということを聞き

なんで?どんな姿になるのか描いてみたいやん!

と思って描かせていただきました。

従来の龍のイメージと違い
迫力は感じないかもしれない。

でも、私の中にある龍という存在は
自然のエネルギーと同じ。

迫力を出して威圧する必要もないし
それこそ風を起こしながら
すぐそばにいるような存在。

だから、ツノがなくて背鰭もなくて
髭が短くて
従来のイメージのような迫力が無いように感じても

なんとなく納得する私がいるのです。

姿は見えなくてもすぐそばにいる、そんな存在。

点描
ポストカードサイズ

関連記事

  1. 発展~生まれ出(い)でたもの~

  2. 銀河

  3. 曼荼羅~桃色~

  4. 出会い

  5. 曼荼羅アート(ラメ装飾)

  6. 黄金の龍01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA