サラスヴァティー

サラスヴァティーは
芸術・学問など
知を司るヒンドゥー教の女神。

サンスクリットで
サラスヴァティーとは
「水(湖)を持つもの」の意であり
水と豊穣の女神であるとも
されている。

眺めているだけで
ほっと気持ちが落ち着く。
優しい微笑み。

点描と色鉛筆とを合わせて作った
それも珍しく人物を描いた作品。

水性ゲルインクペン
色鉛筆

関連記事

  1. 龍と山

  2. 内なる力(A4サイズ)

  3. 解放

  4. 薔薇のように

  5. 宇宙へ昇る白龍

  6. 15角のキャンバスパネルに描いた龍たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA