満ちあふれる

この絵の完成直前に
聖なる水に溢れる熊野に行った。
これも巡り合わせ。

熊野本宮大社がかつてあった
大斎原(おおゆのはら)にお参りした時に
祀られている八咫烏を意識した瞬間

「みちひらき」

という言葉がやってきた。

本来は「道開き」

物事の始まりだったり
新たに進む道の始まりのような
そんな意味。

だけど「満ち開く」
というイメージが浮かんだ。

己を満たすと自然と物事は開いていく

緑あふれる場所に佇む龍。
その下にはエネルギーが
水という形で満ちあふれている。

満ち溢れたエネルギーは一筋の光となり
新たな道を示し
新たなる場所へ流れ進んでいく。

水性ゲルインクペン

14.0×17.0cm

関連記事

  1. 栄華

  2. 星屑

  3. 龍と鳳凰(パステル黄色・A4サイズ)

  4. 美しく咲き誇る

  5. 龍と山

  6. あなたの心の中にある光

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA