Rajas

最初は爽やかな青空のもと
波の上で舞う龍を描くつもりだった。
途中まではそのような流れだった。

それが、ある瞬間にエネルギーの変化を感じ
気がつけば青い炎のようなオーラをまとう龍に。

同じ場所にいる存在だけど
違う次元にいる存在。

そこにいるのを感じる。
力強いエネルギーを感じる。

そのエネルギーを纏う存在を
この次元にいる私は
目にすることはないけれど
自然のエネルギーとして感じている。

見えないから無いではない。
見えなくても有る。感じる。

心を鎮め
感覚を研ぎ澄ませる。

見えるものが全てではないのだ。

水性ゲルインクペン

17.8× 12.7cm

関連記事

  1. 祝福される未来

  2. 思考の海を泳ぐ

  3. ゆっくりとゆったりと

  4. 好奇心

  5. 咲き誇る乙女 

  6. 黄金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA