龍と月

月の光を纏うような
白く輝く龍。

最初は
したからエネルギーが湧き出るような
そんなイメージで描き始めた。

そこから
画面に入りきらないサイズの
大きな月が浮かんできた。

真っ黒な画面に
くっきりと浮かび上がっていた龍は
だんだと月の光を帯び

そのうちに
天の星々の光が降るような
そんな世界に変わっていった。

天を見上げ
昇りゆく龍は
何を想うのか。

B4サイズ

ゲルインクペン

関連記事

  1. 精霊の森

  2. 鳳凰

  3. 花の精01

  4. 星屑

  5. 天河

  6. 花と龍と剣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA